Y.Yの現在

Story.03 Y.Y.の現在

Y.Y.の仕事ぶり
楽しむ力と逃げない力
"設備ならこの人が
何とかしてくれる"
そんな人になりたい

最近の仕事:大阪を代表するランドマーク・ビルの空調改修工事

「試運転」からの調整期間が最もむずかしい

プロの視点 1

「試運転」は緊張の瞬間です。「試運転」と聞くと一般の方は、何もなくて当たり前と思うでしょうけど、実は「試運転」からが勝負なんです。私が最近担当した大型施設ビルの空調改修ならば、クーラーがいらない9月に冷却塔の解体が始まります。大阪で一番大きな冷却塔ですから解体だけでも一苦労。でも5月にはクーラーが必要になるのですから、2月には新しいものを設置し、配管の接続等を行います。実質、試運転の調整期間は1ヵ月程度。結構ぎりぎりなんですね。「試運転」が始まると緊張の連続です。圧力が掛かり過ぎると水漏れを起こしますし、データ検証でもエラーが確認されますし、その事象一つひとつを対処して潰していく作業。とても専門性の高い仕事なので、サブコンを巻き込んだ原因追求が続きます。つまり、「試運転」からの調整期間が最もむずかしい。想定していない出来事も起こる中、専門性と関係者一同の連携で、1ヵ月という短い期間にすべてをクリアにするのです。

Y.Yの現在

後戻り作業は、施工管理にとって最も恥ずかしい

プロの視点 2

「設備」担当と言っても「設備」のことだけを知っていればいいわけではありません。建築のことをしっかり理解していないと、入るタイミングを外します。工程管理がいかに大切かという話です。恥ずかしい話ですが私の過去の経験でいえば、建築の内装業者との調整がうまくいかず、空調配管(ダクト)がぶつかっているのに作業が出来なかったり、時にはすべての天井ボードが張られていて配管作業が出来なかったり…。本当に恥ずかしい話ですね(笑)。今はそんなことないですよ。でも、そういう失敗を経験として、過去にしています…。やはり、情報を仕入れるためによく現場をみることと、建築の担当者との密な打ち合わせは必須。怠ると失敗します。後戻り作業というのは、施工管理にとって最も恥ずかしいことです。日に日に現場は完成へと近づいていく。それを管理する立場の人間が後戻りさせては面目がまる潰れ。「頼りにならない」というレッテルを貼られたら、その時点で終わりということです。

Y.Yの現在

責任=やりがい。「頼られている」という実感

モチベーションの原点

「設備」担当者として話す時のほどよい緊張感が好きです。やはり、「責任」というのは「やりがい」だと思います。恩人となる上司をはじめ、入社からずっと人に頼ってきたわけですが、現在はサブコンの方からも「どうしましょう?」って、すぐに電話をいただけています。この「頼られている」という実感は、何よりのモチベーションですね。「大きくて奇抜なもの」に憧れてきましたけど、川﨑のコンビナートに始まり、「設備」にハマり、気がつけば、興味は外身より中身(笑)。プラント設備は本当に生き物みたいなんですよ。命を持っている。生きていなければならない。「試運転」は眠っている設備に息を吹き込む作業。照明なら照度。空調なら体感温度。居心地の良さを追求して、もっともっと設備の中身を知りたい。こだわりたい。現在、そう思えるのは周囲の方々のサポートがあった結果。そして大前提として、自分が思い続けてきた結果。迷いなく、自分の目指す姿に近づいていきたいと思います。

「設備のトラブルがあれば、この人が何とかしてくれる」と思われるような人

目指す姿

「設備のトラブルがあれば、この人が何とかしてくれる」と思われるような人になりたいです。そのためには、目の前のことを一つひとつクリアしていくしかないんですけど、大きくみると2つ、「楽しむ力」と「逃げない力」だと思います。「楽しむ力」とは、「設備」における居心地の良さの追求。これは興味の赴くままに勉強すること、経験することだと思います。1級管工事施工管理技士の資格も取得しますし、1級建築士の方も既に取得している2級建築士の取得日から一定期間が経てば受験できますので、もちろん取得します。「逃げない力」とは、私が責任と向き合うことです。初めて、大手ゼネコンの「設備」担当として現場に立った時に誓ったこと。最もシンプルだけど、最も重要なことだと思います。この2つを高めていくことで、「設備のトラブルがあれば、この人が何とかしてくれる」と思われるような人に少しずつ近づいて行ける。“きのこ”ビルに始まった私のストーリーは、“きのこ”の中身に変わりました(笑)。

他の社員も見る

Story.01近代的な高層ビルと古典的な石の建造物が立ち並ぶ Story.02国宝や世界遺産の神社仏閣を修復する Story.03「大きくて奇抜なもの」への憧れが夢の中に Story.04自分より長生きするものをつくりたい Story.05初めての就職で経験した<br />
「無からモノができる達成感」

建設技術者人材に関するお問い合わせ

03-3537-8711

受付時間: 9:00~18:00