Story.11 大阪営業所からのメッセージ

大阪営業所からのメッセージ

大阪営業所からのメッセージ 小さくてもいい。
新しい風を吹かせたい

モチベーションって私ないんですよね

2016年に中途採用で入社。前職は就職情報誌からスタートしてウェディング情報誌、不動産情報誌、若者向けフリーペーパーなどを相次いで発行し、現在は人材派遣や人材紹介など幅広く事業を行うあの会社です。そこで飲食店の販促メディアの営業をしていました。

前職から一貫して営業職なのですが、営業に対するモチベーションって私ないんですよね。やって当たり前というか、やるべきことをやっている、それだけ。じゃあ、自分を動かす原動力って何?って問われれば、それは休みの日に美味しいお酒を飲むためです。

営業のやるべきこと=ミッションは売上・利益を上げること。でもこの仕事の場合、技術社員を派遣するのがサービスですから、扱うものがモノではなくてヒトなわけです。だから、やるべきことの中には技術社員のフォローももちろん入ってきます。

技術社員が将来どうなりたいのか。応募書類の志望理由をみながら本人にヒアリングをします。ここで資格を取って将来的には大手のゼネコンに転籍したいとか、結婚してからも共働きしたいのでその技術を身につけたいなど、技術社員は結構本音で話してくれます。

人それぞれに将来を考えていて、それに対して考えられるキャリアプランも無数にある。その際、必ず必要になるのが配属先です。向かいたい目標に対する、段階的な配属先ですね。それを確保するのも営業の仕事。

私の場合、それをそのままお客様に話すことが多いんです。やっぱり、人って明確な目標に向かって頑張っている人なら応援したいと思いますし、そういう人なら安心だとも言ってもらえます。この流れはうまくマッチングするケースが多いと思っています。

シンプルに考えよう。そして楽しもう

前職の職場で謳われていた「シンプルに考えよう」。あと、直属の上司がいつも言っていた「楽しもう」。このふたつは自然と自分の中に沁みついているように思います。「楽しもう」というのは誰もが経験していることだと思いますが、楽しんでいると実力以上の力が発揮できる。潜在能力が引き出されて120%のパフォーマンスが可能になります。だからどんな仕事でも、どんな状況に置かれようとも、いつでも仕事を楽しむようにしています。

「シンプルに考えよう」っていうのは、物事を複雑にしないということです。仕事というものは、とかく物事をむずかしく考えがちです。そうではなくて、「楽しむ」ためにも、仕事をシンプルに考えた方がいい。それが私の考え方。

だから、シンプルに「やるべきことをやる」だけ。やるべきこととは「売上・利益」「技術者の配属先確保=マッチング」です。それ以上でもそれ以下でもありません。それをひたすら、やり続けるだけです。休みの日に美味しいお酒を飲むために。

新しい風。もっとインパクトのある風を起こしたい

転職時にワット・コンサルティングを選んだ理由のひとつは、建設業界だったから。建設業界は、どちらかというとアナログな業界で、波風立てずに右にならえというような保守的な業界です。そこに自分の介在価値を見出したかった。人材サービスという切り口を使って、新しい風を起こしたい。そう、新しい風です。それは業界を変えるとか、劇的な影響を与えるとか、そういうスケールの新しい風…。

これは選んだ理由のふたつ目にもなりますが、そういう意味ではワット・コンサルティングはすでにその新しい風を起こしていました。未経験・女性・シニア層、そして今では海外人財と、ポテンシャル人材に対して「教育」による付加価値を添え、業界へ新しい人財層を輩出してきました。「文系でも建設技術者になれる」という画期的なキャリアパスはワット・コンサルティングが建設業界へと吹き込んだ新しい風以外の何物でもありません。

しかし、もっとインパクトのある風を起こしたい。それが私の本心です。でもそんな大それたことが一朝一夕で出来るわけはない。ならば、まずは小さくてもいい、いま社内にあるリソースではない新しい価値を生み出したい。そこで私が着目したのがCCUS(建設キャリアアップシステム)です。

CCUSとは2021年にスタートした、国土交通省が推進し、一般財団法人建設業振興基金が運営を行っている国の取り組みです。簡単にいえば、技能を可視化して適正な賃金が支払われるようにするというもので、職人さんが「いつ・どこの現場で・どのような業務を・どれくらい行ったか」という経歴を残すことを全ゼネコン・サブコンに義務付けています。

このCCUSの認定アドバイザーは大手企業の法務の方などを中心に全国でまだ30名しかいません(2021年6月現在)。この資格を先日取得しました。取得の目的は、まず自社の技術社員への教育です。CCUSのシステムを理解しているということは現場でも重宝されますし、もちろん配属にあたっても有利。技術社員の配属先の選択肢も広がります。どうしても年配の方はネットリテラシーが高くはないので、そこは若手技術者が貢献できるところ。社内で教育を進めています。

その先には、このシステムを業界に浸透させるべく、建設技術派遣の立場から認定アドバイザーとしての仕事をしていきたいと考えています。それが新しい風になるかはわかりませんが、段階的に挑戦を行っていきたいです。

新しい風を起こさせる風土

入社を決めた一番の決め手は面接で水谷社長にお会いしたことでした。「個を活かしたい」というメッセージは他の建設技術派遣の会社ではまったく聞かれなかった言葉。この人と仕事をしたら、仕事が面白そう、新しい風を吹かせそうだなと思いました。

「下の名前、音読みで読んだらワットやんかぁ!」。そう、それに私の名前は音読みで「ワット」だったのです。そんな様々なご縁があり、ワット・コンサルティングに入社することにしました。でもそんな中でも一番私の心を捉えたのは、新しい風を起こしそうな会社の風土です。

イノベーションという言葉があります。専門的なことは語れませんが、一生活者としてもヒット商品などにその功績をみることができます。その共通点は、これまで不可能であると思われていたことが可能を超えて常識化されるまでに浸透するということです。イノベーションを起こすイノベーターは、そんなタブー視されていたものの中に可能性を見出せる人。

昔、建設技術者派遣は未経験者なんて考えられない時代がありました。それが今では一般化している。それはワット・コンサルティングが起こしたイノベーション、新しい風です。水谷社長とお会いした時に感じた、あの感覚は間違っていなかったということです。

ワット・コンサルティングには新しい風を起こさせる風土がある。それは新しい着眼点に対して「無理だ」と可能性を否定するのではなく、「まずはやってみよう」と言える風土。この風土の中でなら新しい価値を生み出していくこと、新しい風を起こすことができるように思えます。

ワット・コンサルティングの技術社員が現場に行くことで画期的な変化が起こる。「ワットの○○さんが来てくれたから、うちの現場が変わった」と言われるようなイノベーション。そんな新しい風を吹かせることができたらと、いつも考えています。

K.M.

K.M.

コンストラクションサポート第二事業部 大阪第一営業所 課長

千葉県出身。2016年、中途採用で入社。前職は就職情報誌からスタートして現在は人材派遣や人材紹介など幅広く事業を行う、起業家を多数輩出していることでも有名なあの企業。そこで飲食店の販促メディアの営業をしていた。 屋外での写真撮影のあとに取材に臨んだが、まず一番訊きたかったのはそのエネルギッシュさの源だった。取材を進めていくうちに「楽しむ」「シンプルに考える」というキーワードに辿り着く。周りを巻き込む「笑い」と「情熱」の正体がだんだん掴めてきた。 「恥をかいても、一生懸命頑張っている人って応援される」。その台詞をまさに彼は体現していると思う。「モチベーションって私ないんです」と人をはぐらかすようなコメントを発しながらも、実は内面では底知れぬイノベーション・スピリッツが蠢いている。ワット・コンサルティングのDNAと彼のスピリッツが融合した時、そこには新しい風が吹くかもしれない。しかし、取材中に何度「新しい風」というワードを聞いたことだろう。彼のサービス精神に乗っかって楽しい取材時間を過ごさせてもらった。

ワット・コンサルティング大阪営業所

住所 / 連絡先

〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-19-1
八光心斎橋AIRビル 4F
TEL:06-6556-6449 FAX:06-6556-6493

アクセス

Osaka Metro 長堀鶴見緑地線「西大橋」駅 徒歩1分 / 四つ橋線「四ツ橋」駅 徒歩2分 / 御堂筋線「心斎橋」駅 徒歩4分


大きな地図で見る

他の紹介記事も見る

Story.01仙台営業所からのメッセージ Story.02大阪営業所からのメッセージ Story.03横浜営業所からのメッセージ Story.04新宿営業所からのメッセージ Story.05東京営業所からのメッセージ Story.06東京営業所からのメッセージ Story.07名古屋営業所からのメッセージ Story.08さいたま営業所からのメッセージ Story.09福岡営業所からのメッセージ Story.10大阪営業所からのメッセージ Story.11大阪営業所からのメッセージ Story.12福岡営業所からのメッセージ

建設技術者人材に関するお問い合わせ

03-3537-8711

受付時間: 9:00~18:00