コミュニケーション

コミュニケーション

ビジネスマナー研修とコミュニケーション研修

若手育成研修の中には、ビジネスマナー研修とコミュニケーション研修があります。ビジネスマナー研修は社会人として必要な知識を確実に習得し、体現できるようにマナーの基礎を学びます。名刺交換、電話応対、メールのマナーなどを学びます。しっかりとした動機付けと即戦力が身につく指導を行ないます。

コミュニケーションの第一歩は「自分を知る」こと。コミュニケーション研修は心理検査を用いて自分を知ることから始まります。その次に二人ひと組のグループワークへ。ここでは伝わる喜びと伝わらないイライラを体験。コミュニケーションの重要性を認識します。伝えようと努力しても、これだけ伝わらないのですから、普段はいかに「伝わっているつもり」になっていたかを肌で感じることができます。

グループでひとつの答えを出す「コンセンサス法」

4~5名のグループワークでは、課題に対してグループでひとつの答えを出す「コンセンサス法」を学びます。ルールは(1)リーダーをつくらない(2)多数決を取らない(3)全員がある程度納得する答えを出す。自分の意思決定とグループの意思決定が食い違う。これって日常でもそうですが現場に出ても必ず付き纏う課題です。答えのある課題に対して、答えのない課題もあります。これはもっと難しい。グループ全員の意見が割れることも考えられます。でも、こうして意見をぶつけ合うことで、自分の意見、考えを主張することと、相手を理解することを学びます。

そして、コミュニケーション研修の中で一番大事にしているのが振り返りの時間。グループ内でお互いに良かった点、改善したほうがいい点をフィードバックします。本人も気がついていなかったことを仲間の言葉で気づき再認識します。言いづらいことも相手を思えばこそ、敢えて言うようにしています。そんな経験から信頼関係を構築する術を身につけます。

「研修だからできた」という発想と「研修でできたのだから、もうできる」という発想の違い。もちろん後者の発想で、今日からすぐに活かしてほしい経験です。いつも譲らない人、いつも一歩引いてしまう人…。性格は人それぞれ。でも、この研修で学んだことを活かせば、コミュニケーションは円滑になります。コミュニケーション研修は、自分を知り、周囲との関係構築の術を学ぶ研修です。

 

【ビジネスマナー研修】カリキュラム

ビジネスパーソンとして必要な知識を確実に習得し、体現できるようにする

【コミュニケ―ション研修①】カリキュラム

自己理解を促進する

【コミュニケ―ション研修②】カリキュラム

人間関係づくりのトレーニング

【コミュニケ―ション研修③】カリキュラム

個人の持つ力とチームとしての課題達成

担当講師 J.T

担当講師:J.T.

資格:産業カウンセラー・キャリアコンサルタント・2級キャリアコンサルティング技能士・心理相談員・電話相談員・日本サービスマナー協会認定マナー講師

大学で経済学を専攻。卒業後、高校教師、カウンセラーとして勤務。 その後、アウトソーシング企業で人事担当として採用・教育研修に携わる。 教員をしながら、大学の通信課程に編入し、心理学部で臨床心理学とカウンセリングを学ぶ。 また、研修講師として金融庁、警視庁、一般企業など数多くの研修実績を持つ。 2013年よりワット・コンサルティング、人材開発課採用担当として採用業務を行う一方で、 ビジネスマナー研修やコミュニケーション研修を担当している。 ボランティアで電話相談員として活動しており、働く人の悩みに耳を傾けている。

主なカリキュラム

  • 01. ビジネスパーソンとしての心構え
  • 02. オフィスのルール
  • 03. 第一印象で好印象を与える基本5原則
  • 04. 話し方
  • 05. 電話・FAX・Eメール・ビジネス文書
  • 06. 接客対応マナー
  • 07. 仕事の進め方

研修生インタビュー

K.N

K.N.

打ち解ける状態への気持ちの持って行き方が
わかった。現場でも活かしたいです

正直な感想は「疲れた」(笑)。他人の意見を聞いたり、自分の意見を押したり。先生いわく「自分が正しいと思った答えが一番大事。でも、それは相手も同じ。意見をぶつけあうことで答え出すことを学ぶ。現場でも同じことが起きるよ」。パワーを使って当然の内容。疲れて当たり前です(笑)。

現場では上下関係もある中、言わなければいけない時もあるはず。こうした研修を活かして自分を主張していきたいと思います。

研修前は、自分は人見知りだと思っていましたが、意外に同期とも打ち解けられました。自分のコミュニケーション力に自信が持てた。やはり、言いたいことを言い合えると、自分の素が出てくる。こういう経験をすることで、その状態への持って行き方がわかったと思います。どんな場所でも活かせるコツ。もちろん、現場でも活かしたいと思います。

建築現場を知り尽くしたプロの講師陣

建設技術者人材に関するお問い合わせ

03-3537-8711

受付時間: 9:00~18:00