建築・建築CAD

建築・建築CAD

仕事の面白みはアウトプットすること。「知識を根拠に答えを出す」力を養う

自らの力で自らを成長させる能力を身につける

モチベーションを上げさせることが研修で最も重要なことだと考えています。モチベーションというのは勝手には上がらない。幼い子供は「頑張れよ!」と声を掛ければ「うん!」と心地よい返事が返って来る。でも、大人はそうではない。では大人にとってモチベーションを上げるのに必要なものは何か?それは「自信」です。

昨今の若者の傾向として自信の低下があげられます。「自信」がないから頑張れない。そこそこ真面目で、そこそこは頑張っているが、更にどう頑張ればいいのか迷っているという若者が多いわけです。

まず、それに対して「知識」を教える。「知識」というのは、様々な局面で答えを出すための根拠となるもの。根拠とは自信そのものですよね。だから、研修では知識を根拠としてアウトプットすることを大切にしています。課題について自ら考え、根拠を持って答えを出す。このアウトプット作業を繰り返すことで、それが「自信」となります。

仕事というのはアウトプットです。よく研修生にもよく言います。「やったことのないことをやるのが仕事なんだ」と。現場に出れば、常にアウトプットを求められる。だからここで、そのやり方を学んでほしい。そして、それは自らの力で経験を獲得し、自らを成長させる能力でもあるのです。

現場で求められるリーダーシップ。それは人間性でもある

施工管理の仕事は「人を動かす」仕事です。多くの職人に対し、リーダーシップを発揮しなければならない。研修生の中にはリーダーシップを取るのが苦手な人もいます。そういう人にはグループワークで敢えて、リーダーを経験してもらいます。ここでも、やはり根拠が大事。根拠があれば、ものを言えますからね。それを経験から知ってもらいます。

また、「人間性の大切さ」にもよく触れます。子供から大人への成長過程で、お爺ちゃんやお婆ちゃん、父母、お世話になった先生方から何度も聞いたようなこと。謙虚さや感謝の気持ち。そういうことが実はとても大事なんです。職人の方々の上に立ってリーダーシップを取る現場監督(施工管理)にとって、傲慢さは大敵。ただ立場を利用しているだけの人だと思われたら、誰も動いてはくれませんからね。

そんな2ヶ月の研修を終えると、研修生の皆さんも声の大きさや表情が変わってきます。それは生きるための道具、仕事をするための道具を手に入れた喜びと充実感、そしてこれからへの期待感であると思います。現場に出て、いい人に巡り合ってほしい。この仕事は常に人対人。そのためにも「人間性の大切さ」を忘れないでほしいですね。

担当講師:O.S

担当講師:O.S.

資格:一級建築士・1級建築施工管理技士・建築積算士

東京都生まれ。明治大学建築学科卒業。大手ゼネコンにて作業所長、工事部長、積算部長を歴任。早期退職後、オー・プランニング(一級建築士事務所)を立ち上げ2005年よりワット・コンサルティングにて若手技術者育成のための研修の講師を務めながら、新築マンションにおける工事監理、建設有名資格学校での一級建築士・1級建築施工管理技士の講習会の講師、建設企業向けのセミナーの講師として活躍している。

<主な著書>
建設業 コスト管理の実践ノウハウ 清文社

主なカリキュラム

  • 01. 建築概要
  • 02. 仮設工事
  • 03. 杭・地業及び基礎工事
  • 04. 躯体(各種工事)
  • 05. 防水工事
  • 06. 外装工事
  • 07. 内装工事
  • 08. 建築積算
  • 09. 工程管理
  • 10. 安全管理
  • 11. 関係法令
  • 12. 行政届出

研修生インタビュー

M.E

K.H.

むずかしい内容に対して、わかりやすい授業。
専門学校のようです

印象的なのは鉄筋工事の「配筋」。「配筋」とは、鉄筋コンクリート造でコンクリートを流し込む前に骨組みとなる部分を鉄筋で組上げることで、建物の構造強度に対して鉄筋の径や鉄筋の間隔が決まっています。最初の授業だったのですが、「むずかしいことをやるなあ」というのが第一印象。

実は私、新卒入社で2年間、施工管理経験があるんです。その上でもこれは結構むずかしい内容。コンクリートの積算ひとつとっても専門的。持ち上げるわけではないですが、むずかしい内容に対して、授業はとてもわかりやすいです。まるで専門学校に通っているみたいで、しかも給料が出ているという、有難い話。
「ここ試験にでるからね~」なんて、学生以来、聞いていないフレーズですよね(笑)。でも、この「試験」とは一級・二級建築士や一級・二級施工管理士のこと。現場での知識だけでなく、資格取得も前提の授業なんです。

N.K

N.K.

メロディを支える豊かなハーモニー。
職場でもそんな風に生きていきたい

就職活動では営業職とかも色々とみました。でもモノを売るスペシャリストに自分がなるとは、とても思えなかった。中学高校は吹奏楽部、大学は美術部。やっぱり、ものづくりが好き。特に吹奏楽で経験した「大勢でひとつのものをつくる喜び」というのがルーツだと思っています。 文系でもイチから教えて下さる環境には心から感謝。毎日新しい発見があります。CADも最初の1週間は線と四角しか描けなかったのが段々家のカタチになり、それも効率的に描けるようになっていく。授業の中でも建築の授業が好き。建築の知識と並行してCADを覚えていけるので理解が早い。O.S先生の授業がなかったら線一つひとつの意味もわからなかったと思います。同じ職場で働く人に「君が来てくれてよかった」と早く言われるようになりたい。やっぱり、みんなの支えになるのが自分のやりがい。吹奏楽でも主旋律より2ndや3rdのパートが好きでした。メロディを支え、豊かなハーモニーを奏でてひとつの演奏をつくる。職場でもそんな風に生きていきたいと思っています。

Y.N

Y.N.

12年間みた父親の背中。
今度はそれを自分が自分の子供にみせたい

建築を選んだのは小学6年生の時に亡くした父の存在が大きいです。子供の頃から警察官になりたかったので公務員試験の勉強もして試験も受かったのですが、就職活動でよく考えた結果、職人として生きた父の背中を追うことに決めました。父は電気工事の職人で祖父母が経営する会社で仕事をしていました。祖父母とも話して、「Y.Nは電気より建築の方が向いているのでは」というアドバイスも貰い、最後は自分で決断をしました。大学が法学科。でも、WATは文系からでも技術者を目指せる。他社と比べても圧倒的に研修が充実している。研修は1週間があっという間。もう2か月も経ったということが嘘のようです。学生時代の授業というと“眠い”イメージでしたが。今は「学びたい」「学ばせて貰っている」という意識があるからだと思います。この仕事は資格を持っているのは当たり前。どこまで行ってもゴールというものがない。父もそう生きた、と母から聞いています。12年間みた父親の背中。今度はそれを自分が自分の子供にみせたい。そしてこの仕事を通して、より多くの人の役に立ちたい。そう思っています。

建築現場を知り尽くしたプロの講師陣

建設技術者人材に関するお問い合わせ

03-3537-8711

受付時間: 9:00~18:00