R.M

Story.15 R.M.の近況

スクール修了後の先輩たち R.M.の近況 失敗から学んだ当事者意識。
そこには必ず根拠がある

区役所の庁舎の竣工。それが「建設」との出会いでした

大学が文系だったので就活は営業職しかないと思い込んでいました。職種は営業。あとは業界を絞るだけ。そんな“やらされ感”というか“仕方なさ”の中での就活がうまく行くわけがありません。結局、卒業後の4月を過ぎてもアルバイトをしながら就活を続け、入った会社がWEBマーケティングの会社です。ホームページの閲覧数や訪問者数を上げるサービスをテレアポで売る営業なのですが、とても自分にはついて行けない環境でした。

数字!数字!の売上至上主義。目指すところも価値観も働き方も自分とは違う。もう辞めようと思っていた時、「建設」との出会いがありました。豊島区役所の近所のオフィスで仕事をしていたのですが、ちょうどその頃、豊島区役所が改装工事をしていて、日に日に変わっていく庁舎の姿をみており、さらにその竣工式に出くわしたのです。

建物ってこうやって完成するんだ。建物をつくるのってすごいな。そんな思いから、今まで「文系でモノづくりは無理」と決め込んでいた自分に気がついたんです。WEBマーケティングの会社を辞め、アルバイトをしながら転職サイトで「文系からのモノづくり」「未経験からの建築・建設」を探していました。そこで出会ったのがワット・コンサルティングです。

どのような場面に遭遇しても応用できる概念を学ぶ

ワット・コンサルティングに決めたのは、未経験からでも出来そうだったから。しっかり2か月以上も研修をして現場へ送り出すというスタンスに安心感を覚えました。研修の感想は、とにかく初めての分野(設備)なので「自分、大丈夫か?」という感じです。ずっと文系で来た人が理系の勉強をしているわけです。それでも、わからなければ、とことん先生に質問をして、デキる同期にも質問をして。何とか研修を終えました。

でも最後まで「むずかしいなぁ」という印象でしたね。今から思えば、先生が教えて下さったことは、とても高度なことなんです。現場の所長や副所長クラスの人にも通用する知識。つまり、高度な概念を教えて下さっていたんです。この先、どのような場面に遭遇しても、自分で応用できる概念を、です。

まあ、今から思えば、なんですが…(笑)。現場に出て最初は、「(こんな知識)使わないじゃん!」って思っていました。それに最初って、とにかく「言われたことをやり切る」ことと、わからないことを職人さんや先輩に「訊く」、WEBや資料で「調べる」ことばかりなんです。そもそも言葉がわからない。現場って専門用語だらけなので。言葉の意味を毎日毎日調べていましたね。言葉がわからなければ、仕事にもなりませんから。

「自分がやらなければ誰がやるんだ」という当事者意識

そんな現場デビューから、もうすぐ2年になります。これまでに2つの現場を経験しました。少し慣れてきたかな、と感じるまでに1年くらい掛かりましたね。前の現場と今の現場では任されているレベルも違う。前の現場では写真撮影や雑用ばかり。最後の方で荷受け(搬入)を担当しました。対して、今の現場では躯体工事を任せていただいています。

それでも今の現場も最初は失敗続きでした。周りはどんどん進んでいく。知識もないから何をしたらいいのか分からず職人さん任せ。すると「何やってんだ!」って怒鳴られるわけです。当たり前ですよね。工程をひとつ間違えれば、取り返しのつかない事態に陥るんです。

例えば、スリーブ(貫通孔)を通す前に型枠にコンクリートを流し込んでしまったら、もうスリーブは入れられないわけです。現場監督が“監督放棄”しているのだから怒鳴られたって仕方がない。自分のやっている仕事の責任の大きさを痛感しました。

そんな失敗もしながら、もうすぐ3年目を迎える最近は、少しはマシになったとは思います。自分で工程表をつくり、工事を進めています。失敗ばかりしていた頃は、誰かの組んだ工程表を見ていた。見ていたというより、眺めていた。今は自分で入念に工程をつくっている。建築の工程をみながら、作業がバッティングしたり、設備にとって致命的な工程であれば、「ここ、いつまでだったら大丈夫ですか?」と工程をねじ込む。

何が変わったかというと、ひと言でいえば「当事者意識」なんですよね。「自分がやらなければ誰がやるんだ」という。「自分だったら、こうだ」とか「最善はこうあるべきだ」という意識。そこには必ず根拠があるんです。

R.M

R.M.

2015年12月 中途入社

入社動機:大学が文系であるため就職は営業職しかないと思い込んでいた。WEBマーケティングの新規開拓営業に従事するも、売上至上主義の会社風土に馴染めず退職。そんな折、豊島区役所の改装工事の工程と竣工を目にする。「建物をつくるのってすごい」。その時のインパクトが「文系=営業職」という思い込みを払拭した。「文系からのモノづくり」「未経験からの建築・建設」を転職サイトで検索し、ワット・コンサルティングに入社。新卒就職活動の時の“やらされ感”と “仕方なさ”とは裏腹に、むずかしい設備の研修も貪欲に知識を吸収し、現場に出てからも失敗を経験しながら、施工管理として任されるポジションを勝ち取った。 本人は、「一日一日をどう乗り切るか、ただただ考え過ごしてきた2年間。まだ怒られることも多いし、成長したなという実感はない」というが、この2年間の彼のドラマを成長と言わずして何と言おう。本文には書かなかったが、印象的なひと言があった。「自分の失敗で怒られるのは当たり前。失敗は無くしていけばいい。きちんとやっても怒られるのなら辞めよう」。彼のこの言葉は、「常に原因は自分の中にある」ということを意味している。原因を自分に求める人は必ず成長できる。そう思う筆者であった。余談だが、彼は小中高校と野球部でピッチャーを務めてきたそうだ。12年間で培われた責任感と忍耐強さは彼の大きな武器であると思った。

主な現場経歴

  • 01. 千葉県松戸地区の高層マンション新築工事
  • 02. 東京都晴海地区の高層マンション新築工事

他の社員も見る

Story.01この仕事を「楽しむ力」が<br />
どんどん自分を未来に<br />
連れて行ってくれる Story.02一本の線に向き合い続ける。<br />
その経験が着実に<br />
知識の引き出しを増やしていく Story.03納得のいくまで言い合う。<br />
そんなお互いの「本気」が<br />
ひとつの建物を建てている Story.04復興はまず人。<br />
災害公営住宅の建設で<br />
この町の発展に貢献する Story.05自分の経験が増えていく。<br />
東北の復興が進んでいく。<br />
復興とともに歩みたい Story.06人それぞれ違うベクトルを<br />
同じ方向に向かして<br />
ひとつのモノを造り上げる Story.07いつ自分が振り返っても<br />
建物はそこにある。<br />
この専門職を極めたい Story.08わたし、建築はじめました。<br />
「祖父への想い」と<br />
「計装」とのご縁と出会い Story.09現場は生きている。<br />
それは何かを育てる<br />
愛情に似ています Story.10壁の向こうをみてみたい。<br />
素朴な願望が未来を拓く。<br />
できる事が増える=楽しい Story.11地図に残らない仕事。<br />
基礎工事前の山留工事で<br />
安心と安全を届ける Story.12社会人・現場2年目。<br />
自らの成長が所長への <br />
何よりの恩返し Story.13小さな役割の獲得。<br />
きっとその先に<br />
大きな役割が待っている Story.14小事に忠実であってこそ、<br />
大事にも忠実である Story.15失敗から学んだ当事者意識。<br />
そこには必ず根拠がある Story.16CADも接客/接遇と同じ。<br />
相手の望むことを知り、<br />
“この前”を超えてゆく Story.17興味を持つことで、<br />
惹きつけて、楽しむ。<br />
それが仕事の基本です Story.18夢を実現してみえたこと、<br />
「プロセスには熱がある」。<br />
幼少期からの夢のその先へ Story.19職人からの転身。<br />
建設業界はひとつ。<br />
ずっと業界に育ててもらった Story.20大規模プロジェクト×結婚・出産<br />
家庭と仕事の大きなステージ

建設技術者人材に関するお問い合わせ

03-3537-8711

受付時間: 9:00~18:00