F.N.

Story.01 F.N.

ベテラン技術社員に訊く F.N.からのメッセージ 建設人生の歩き方。気概溢れる
「サクセスストーリー」のススメ

42年のキャリア。3年先まで現場は決まっている

年号も令和になった5月20日、還暦を迎えました。18歳からこの仕事を始めて、早42年です。最初のゼネコンに10年、次のゼネコンに5年、その次のゼネコンに5年。そのあとはずっと派遣でこの仕事をしています。ワット・コンサルティングが福岡に拠点を出す際、創業社長に声を掛けていただき、それ以来ずっとワット・コンサルティングにおりますね。

最初の20年で施工管理の仕事を身につけ、派遣になってから仕事は途切れません。スーパーゼネコンの現場に入って出会った所長が次の現場、次の現場って毎回呼んでくださるんです。ありがたいですよね。同僚の所長やその上の部長さんにも紹介してくださるし。だからKさん(ワットの営業マン)も営業しないでいいので楽なんじゃないかなぁ(笑)。でもちゃんと顔を出して挨拶はしているみたいですよ。

やっぱり1社のつながりでやって来ていいなと思うのはCADなんかでも、どの現場でもやり方がいっしょですからね。困りませんよね。1か月くらい中堅のゼネコンの現場に入ったことがあるんですけど、その間にもずっとお付き合いのあるスーパーゼネコンの所長から電話もらって「1か月待ってもらえますかぁ」って言って、「いいよ。待ってるよ」って。今も5丁目の物件、7丁目の物件って、3年くらい先まで、現場がすでに決まっちゃっています。

「建設人生サクセスストーリー」のススメ

3か月に1回この福岡営業所で食事会があって、毎回私も参加しています。その時に若い人にいつも言っているんです、「経験を積んで、スーパーゼネコンに行きなさい」「そして所長と仲良くなりなさい」と。最初は地場のゼネコンの中規模案件で経験を積む。私もかつて所属していたゼネコンは地場のゼネコンでした。小規模~中規模案件の良さは、すべて覚えられることです。見積りして、図面を描いて、お客さんや業者と打ち合わせをして、現場に収めるというように、すべてをやる。それをいろいろな現場で繰り返し、繰り返しやっていたら、だいたいのことは覚えられますよ。

それで経験を積んだらスーパーゼネコンに行けばいい。そして所長に気に入ってもらえたら、次の現場、次の現場って呼んでもらえます。人によっては何回も呼んでもらっているうちにスーパーゼネコンへの転籍を声掛けられる人もいる。転籍もいいと思う。派遣ではできないポジションもありますから。転籍してさらに経験を積めばいい。それで歳を取ったら、また戻ってくればいいんじゃないかな。もうその頃には基礎工事なら基礎工事、鉄骨なら鉄骨って、自分の得意分野ができている。自分の技術と人脈でメシ喰えるようになっている。派遣に戻ってプロとして大きな現場を渡り歩くもよし、家業があるなら継ぐもよし、人脈を使って事業を起こすもよし。建築でメシを喰っていこうと思うなら、そのくらいの気概があっていいと私は思いますよ。学歴関係なく、現場で出会った所長から人脈が広がり、様々なサクセスストーリーが考えられるのがこの仕事。カッコよく言えば、そんな「建設人生のサクセスストーリー」がこの仕事には秘められているんです。この間も支店長、部長だけではなく、スーパーゼネコンの会長、社長とお会いしました。ちょうど自分がいた現場が週休2日制のモデル現場だったので視察に来られたんです。過去にも5回ほどお会いしています。気概があれば、いろいろなことが起こり得ますよ。自分にあったストーリーをぜひ歩いてほしいですね。

ちなみに歳を取ってからの派遣にはひとつ条件があるんです。年下に指示されることに順応できる人だけです。スーパーゼネコンの所長は30代後半や40代の方もいます。景気の悪い時に新卒採用をストップしていたので中間層がいない。年配者から一気に若い世代になります。だから所長が若いことも多いにある。自分より年下の所長とちゃんとコミュニケーションを取れることは必須でしょうね。でも長年の技術を持っていれば、その技術を提供していると自負できれば、大丈夫だとは思いますけどね。

文系出身者もスタンダードになる時代

ワット・コンサルティングの社員が行く現場は中堅ゼネコン以上の現場なんで、あまり小さい現場がないんですね。文系から施工管理をやる人には最初は小さいところがいいかもしれない。大手ハウスメーカーのプレハブ専門の子会社とかもあって、そういうところが文系出身の人の最初の現場には向いていると思います。

私の行っているスーパーゼネコンでも文系出身者も受け入れようというスタンスが定着しています。昔は「派遣」というと「経験者」が大前提だったんですが今は違う。建設人口が減って、ワット・コンサルティングも早くから未経験者の育成に乗り出しましたが、今は他社も文系出身者を送り込んで来ている。まず、施工管理のアシスタントからだったら文系出身者でもできますからね。年配者にはインターネットやパソコンが苦手な人も大勢いますから、そういう人のサポートから入ればいいんです。現場では建築用語もたくさん飛び交います。働きながら建築を学べばいいんです。まあ、ワット・コンサルティングに入れば、研修制度で他社を遥かに超えた知識を学べますから、現場に入った時に同じアシスタント業務でも全体がみえますよね。そこが他社にはないワットの良さだと思います。

先日現場で教えていた文系出身の派遣の子が辞めちゃったんです。ワットの人ではないんですけど。やっぱり現場で教える我々にとっては辞められちゃうとツライ。学校で建築を学んで、最初から「建築のプロになる」という思いで生きてきていないから仕方がないですけどね。やるからには気持ちをしっかり決めて来てほしいと現場で教える側としては思います。そういう意味では2~3ヶ月、専門学校並みの授業を設けて、知識も気持ちもしっかり整えてから現場に送り出しているワット・コンサルティングは凄いと思いますよ。

誠実さ。そして100年残る建物を造る

建設人生を歩むにあたって、また所長との信頼関係を築くにあたって一番大切なことは「誠実」であることです。いい加減ではなく、言われたことをしっかりとやる。それに尽きると思います。私のいる現場のスーパーゼネコンは風土がやさしい。体調を崩しても復帰できるし、女性なら結婚や出産で辞めても出戻りもある。そんな風土に育った方々は「誠実さ」をわかってくれます。

この仕事の魅力は何と言っても100年残る建物を造れること。「オレ、この建物やったんだ!」って自慢できることですよ。「オレの造ったあそこにメシ喰いに行こうぜ!」って言える。あと、地方にも行ける。この間も沖縄の280億円の大プロジェクトに参画しました。職人さんだけで1200人。今まで経験したプロジェクトの中で一番大きいプロジェクトでした。家族を連れて行きたいですね。嫁と息子35歳、娘32歳です。実は先日、娘が出産したんです。初孫です。嬉しいですよ。毎日、写真が届くんです。今度、みんなで沖縄に行きたいですね。孫にも“オレの造った建物”を見てもらいたいです、まだ生後半年ですが(笑)。

F.N.

F.N.

2004年10月 中途入社

入社動機:キャリア42年の前半20年はゼネコンに勤務。その後、派遣として施工管理に従事。福岡拠点の設立時に創業社長より声が掛かり、ワット・コンサルティングに入社した。 40数年のキャリアの半分は派遣。インタビューでも話されていたが、スーパーゼネコン所長との長年の信頼関係から毎回声が掛かり、現場が途切れることがない。すでに3年先まで押さえられている人気ぶり。これはまぎれもなく「人間力×技術力」の成せる技であろう。物腰が柔らかく、ずっと笑顔で話をする。でも、語尾にはご本人は意識されていないだろうが、圧倒的な実績と自信を感じる。まさに、これが「プロ」であり、「神」なのだと思った。施工管理の方のお話を多く取材してきたが、施工管理は「引き出しの数」だと言われている。同じ現場はひとつとしてない。過去の「引き出し」から応用し、一つひとつの課題を解決していくのが施工管理の仕事だ。そういう意味で42年のキャリアは圧倒的。半世紀近い現場経験に引く手あまたなのも頷ける。 やはり一番印象的だったのは「サクセスストーリーのススメ」のくだり。「建築でメシを喰っていこうと思うなら、そのくらいの気概があっていい」という若い人へのメッセージだ。ご自身は謙遜されているが、「人間力と技術力でメシ喰える」という本物のプロだからこそ言える言葉であり、圧倒的な説得力を感じた。また「100年残る建物を造る」というロマンがそんなプロのモチベーションを支えている。やはりプロには揺るぎない動機がある。ロマンを追いかける男のカッコよさと、初孫に自分の建てた建造物をみせたいという素顔に思わずキュンと来てしまった筆者であった。

主な現場経歴

  • 01. 福岡県食品メーカー工場改修工事・駅高架下店舗新築工事
  • 02. 福岡県合同庁舎新築工事・モデルルーム新築工事
  • 03. 福岡県整形外科新築工事・クリニック新築工事
  • 04. 熊本県商業施設新築工事
  • 05. 福岡県天神諸口工事作業所管轄改修工事
  • 06. 福岡県商業施設新築工事
  • 07. 福岡県天神諸口工事作業所管轄改修工事
  • 08. 長崎県病院新築工事
  • 09. 福岡県大学病院新病棟第1期新築工事
  • 10. 福岡県大学病院新病棟第2期新築工事
  • 11. 福岡県バスターミナル新築工事
  • 12. 佐賀県病院新病棟・外来棟新築工事
  • 13. 福岡県学校新築工事
  • 14. 福岡県商業施設新築工事
  • 15. 熊本県FC配送センター新築工事
  • 16. 福岡県大学付属病院改修工事
  • 17. 熊本県薬品会社営業所新築工事
  • 18. 熊本県オフィスビル新築工事
  • 19. 熊本県危険物製造所増設工事
  • 20. 熊本県家電メーカー液晶LA棟新築工事
  • 21. 沖縄県商業施設新築工事
  • 22. 長崎県オフィスビル空調改修工事
  • 23. 熊本県製薬メーカー工場新築工事
  • 24. 福岡県高層マンション新築工事

他の紹介記事も見る

Story.01建設人生の歩き方。気概溢れる<br />
「サクセスストーリー」のススメ

建設技術者人材に関するお問い合わせ

03-3537-8711

受付時間: 9:00~18:00