技術者の、技術者による、技術者のための会社 株式会社ワット・コンサルティング

WHAT is WAT

技術者の、技術者による、技術者のための会社です。

HOME  >  WHAT is WAT  >  会社データ/沿革

会社データ/沿革

ワット・コンサルティングは、2003年「技術者の、技術者による、技術者のための会社」を合言葉に技術者主体の運営と経営をスタートさせました。

会社データ

会社名 株式会社 ワット・コンサルティング
設立 2003年4月16日
資本金 5,000万円
本社所在地 〒104-0033 東京都中央区新川1-11-11 東京冷凍新川ビル 4F
代表者 代表取締役社長 宮城 力
社員数 801名(2017年5月31日現在)
事業内容 技術及び技術力の提供、付帯する一切の業務
派遣許可番号 労働者派遣事業許可番号 派13-304593
有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-304267
登録資格 1級建築士事務所『東京都知事登録 第50675号』

社名の由来

ワット・コンサルティングの社名は、蒸気機関を極めて効率的な新エンジンとして「改良」「実用化」し、産業革命の推進に貢献した偉大な技術者ジェームズ・ワットに由来します。

ジェームズ・ワットは、33歳の時にそれまでの欠点を克服した蒸気機関の設計で特許を取得。その後、素材、製造法、機関の稼働効率など様々な改良を加え、7年の歳月をかけて蒸気機関の実用化を実現しました。

【由来①】
あくなき技術改良の意欲、向上心、そして技術者としておごることなく、真摯な気持ちで自分の仕事に向き合う姿勢。当社はそのジェームズ・ワットの技術者としての姿勢を模範とする優秀な技術者を業界に輩出すべく、強い使命感を持って社名をワット・コンサルティングと命名しました。

【由来②】
ジェームズ・ワットの名にちなんで名づけられたのが“仕事率”を表す国際単位ワット(記号:W)です。顧客・社員・社会に対し、その“仕事率”の改善提案(コンサルティング)を行うような会社でありたいという意志のもとに、ワット・コンサルティングと命名しました。

【由来③】
同時に英語表記WATには「私たちは世界の先進技術の発展に貢献したい」という創業以来のテーマ「We want to contribute to the world advanced technology .」を内包しています。 WATには「World Advanced Technology」という壮大なテーマも込められているのです。

ジェームズ・ワット1736-1819

沿革

2003年 4月 大阪市西区にワット・コンサルティング 設立
8月 東京オフィス開設
2004年 8月 建設技術部門へ進出
11月 福岡オフィス開設
2005年 2月 札幌オフィス開設
6月 大阪本社を淀川区へ移転
2006年 6月 資本金を5,000万円に増資
10月 広島オフィス開設
2007年 5月 東京オフィスを銀座4丁目に移転
高崎オフィス開設
6月 札幌オフィスを札幌駅前に移転
7月 岡山オフィス開設
12月 福岡オフィスを博多駅前に移転
2009年 1月 札幌オフィスを移転
4月 高崎オフィスを東京オフィスに統合
4月 岡山オフィスを広島オフィスに統合
5月 宇都宮オフィスを他社からの営業譲渡により移管
6月 本社を大阪から東京に移転
大阪オフィスを移転
12月 宇都宮オフィスを東京オフィスに統合
広島オフィスを福岡オフィスに統合
大阪オフィスを移転
2010年 1月 福岡オフィスを移転
8月 東京本社を新川1丁目に移転
2011年 3月 大阪オフィスを移転
2012年 4月 横浜オフィスを開設
2013年 4月 東京研修センター開設
9月 名古屋オフィスを開設
11月 新宿オフィスを開設
2014年 4月 東京研修センター増床
2016年 3月 東京研修センター統合移転

WHAT is WAT